ページ内を移動するためのリンクです。

相続発生前対策

相続は、被相続人が存命のうちから対策できます。
相続前に対策(生前対策)をすることで多くのメリットがあります。

相続が発生する前に
対策をしておくことが大切です。

相続する財産の内容は、被相続人によって変わります。
預貯金・株などが多い方、土地や不動産といった財産が多い方、会社の株式だけで多額の評価になる方、事業承継が同時に発生する方・・・一言に相続対策と言っても、ご家族の状況や被相続人のご希望、相続対象となる財産の内容によって対策方法が変わります。
いざという時の為にも、事前にご相談ください。

山本会計事務所で行う相続発生前対策のメリット

  • 相続税を抑えることができる
  • 相続をしたい人に相続できる
  • 相続財産の使い道を確認できる
  • 事前に遺産分割案を検討することで揉めないようにすることができる

3つの主な対策方法

  • 対策1

    遺産分割(遺言)

  • 対策2

    納税資金準備

  • 対策3

    税務対策

対策1遺産分割(遺言)

遺産分割(遺言)の目的

  • 相続人の間の争いを防止する
  • 相続人の状況に応じて適切に遺産分割する
  • 相続人以外への贈与
  • 遺産分割協議の長期化を防ぐ

遺言書作成

遺産相続でご家族が揉めてしまうといったトラブルを未然に防ぐために、遺言書を作成しておくことは非常に効果的です。また、遺言書の書き方によっては遺言通りに相続されない可能性もあるため、正しい遺言書を作成する必要があります。トラブルを防ぐために遺言書作成はお任せください。

対策2納税資金準備

納税資金準備の目的

  • 計画的な納税資金の準備
  • 土地、株式等を売却して納税資金の準備
  • 銀行借入の検討
  • 延納、物納の検討

納税資金準備

多額の財産を相続したはいいものの、現貯金が少なく、相続税が払えないなんてことにならないためにも、納税資金の準備は計画的に、しっかりとしておく必要があります。是非一度ご相談ください。

対策3税務対策

税務対策の目的

  • 相続税を抑える
  • 相続をしたい人に相続する
  • 相続財産の使い道を確認しておく

相続税対策

生前贈与によるもの、保険によるもの、法人を活用したものなど、相続税対策には様々な方法があります。相続税対策をすることで、財産をより多く残すことが可能になります。是非一度ご相談ください。

Facebook